中野のピンサロへ抜きに行こう!

By | 2015年2月26日

中野のピンサロへ抜きに行こう!
ピンサロは1960年頃に生まれた風俗だ。
もともとはキャバレーから始まったといわれており
競合店同士が客を取り込むためのサービスが
どんどん過激になってこのスタイルが生まれた。
そのためピンサロはピンクキャバレーの略語のことであり
ピンキャバとも呼ばれている。
客は1万前後を支払いフロアに通される。
店内は薄暗く個室はなく簡単な仕切りで区分けされている。
ボックス席のようなベンチシートとテープルが配置されており
そこでソフトドリンクやアルコールを飲むことができる。
そして隣りに座った女性よりフェラチオなどの性的サービスを受けるのである。
ピンサロ内にはシャワー室などはなく
お絞りやウエットティッシュで拭かれる程度のため衛生的とはいえない。
また暗がりの店内では相手の顔もハッキリわからないため
年齢の高い女性やルックスの悪い女性が多く働いているといわれている。
ちなみにピンサロで働く女性たちのことをピンサロ嬢とも呼ぶ。
最初に女性を指名することもできるがもちろん指名料が発生する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です